債務整理すると載る官報って何?

6月 15, 2020 債務整理

債務整理すると載る官報って何?

債務整理を検討している人の中には、「官報に載るのが嫌だから債務整理したくない」と思っている人もいるかもしれません。

官報というのは国の新聞のようなもので、誰でも見られるようになっているので、この心配は当然かもしれません。

ここでは、債務整理をすると載る官報とはどのようなものなのかを説明していきます。

債務整理すると載る「官報」とは?

「債務整理をすると官報に情報が載る」という話を聞いたことがある人は多いと思いますが、官報とはどのようなものなのか知らないという人も少なくないでしょう。

まず、官報とは何なのか、どのような場合に情報が載るのかを説明します。

官報とは国の新聞のようなもの

債務整理すると載る官報とは国の新聞のようなもので、政府からのお知らせや皇室に関するニュース、法律や条例に関する告知事項、官公庁や裁判所からの報告といった内容が載っています。

また、官報はインターネット上で過去30日分が無料公開されていたり、有料の検索サービスで情報を検索できたり、図書館などで公開されていたりと、誰でも見ることができるようになっています。

官報に載るのはどんなとき?

債務整理すると官報に載るという言い方はよくされますが、すべての債務整理が官報に載るわけではありません。

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産といった種類がありますが、官報に載るのは個人再生と自己破産のみであり、任意整理は官報に一切載らないのです。

なぜかというと、個人再生と自己破産は裁判所を通して行う法的な手続きだからで、裁判所からの報告の一環として、個人再生や自己破産の情報が官報に記載されることになります。

一方、任意整理は本人の代理人である弁護士や司法書士とお金を借りた会社とが任意で行う私的な交渉であり、裁判所はまったく関わらないため、官報に記載されることはありません。

いつどんな情報が官報に載るの?

個人再生の場合は、裁判所に申し立てをして再生手続の開始決定が出されたとき、再生計画の書面決議が行われるとき、再生計画の認可が下りて個人再生が認められたときの3、官報に載ります。

自己破産の場合は、裁判所に申し立てて破産手続の開始決定が出されたときと免責許可が決定されて自己破産が認められたときの2、官報に掲載されることになります。

どちらの場合も、記載されるのは以下のような内容です。

・日付

・裁判所名

・本人の氏名

・本人の住所

・個人再生や自己破産の理由

 

まとめ

・官報は国の新聞のようなもので、誰でも見ることができるようになっている

・個人再生だと3回、自己破産だと2回官報に載るが、任意整理は載らない

・個人再生や自己破産では、本人の住所や氏名、債務整理をした理由などが掲載される

admin

投稿者:admin