最も簡単な債務整理「任意整理」の流れ

6月 15, 2020 債務整理

最も簡単な債務整理「任意整理」の流れ

任意整理では、まず法律事務所へ「無料相談」に行きます。

無料相談の結果、任意整理が最適だということになったら、「委任契約」を結んで正式に任意整理を依頼します。

委任契約を結んだ後は、あなたが自分でやらなければならないことはほとんどありません。

すべての手続きを弁護士や司法書士が進めてくれるので、あなたは待っているだけでOKです。

無料相談

任意整理をしたい場合、まずは弁護士事務所か司法書士事務所を探して無料相談に行くことになります。

無料相談とは、弁護士事務所や司法書士事務所に直接出向いて、無料で借金の相談ができる機会のことです。

借金を抱えている人の経済状況や借金の状況を聞いて、最適な方法を提案するのが無料相談の目的です。

任意整理は最も簡単な債務整理で、借金の利息や遅延損害金を0円にできますが、借金の元本は減らすことができません。

そのため、借金額が大きい人や収入が少ない人には個人再生や自己破産のほうが適している場合があるのです。

そういった点も含めて、事前相談で弁護士や司法書士に判断してもらいます。

委任契約

任意整理が最適だということになったら、弁護士や司法書士と「委任契約」という契約を結んで正式に任意整理を依頼します。

任意整理の場合、委任契約を結ぶには以下のような持ち物が必要です。

・身分証明書(免許証、保険証、写真入りのマイナンバーカード、パスポートなど)

・印鑑(認印でOK、シャチハタ不可)

・給与明細または確定申告書

・住民票(本籍地を記載)

・預金通帳(Web通帳の場合は印刷して持参)

また、借金の情報がわかる手掛かりになるため、クレジットカードやキャッシングのカード、借金の取引明細、契約書などが手元にあれば、それも持っていきましょう。

受任通知

委任契約を結ぶと、すぐに弁護士や司法書士からお金を借りた会社へ「受任通知」が送られます。

受任通知とは、「正式に依頼を受けて債務整理を開始します」という内容を知らせる通知で、受任通知を受け取ったら借金の取り立てをしてはいけないというルールがあります。

そのため、受任通知が送られてから債務整理が終わるまでの間は、借金の返済が一時的にストップします。

費用の支払い

債務整理にかかる費用は、受任通知の効果で借金の返済が止まっている期間を利用して、分割払いで支払うことになります。

なお、費用の面で不安がある場合には「法テラス」という国の法人を利用して費用を安くする方法もあるので、相談してみてください。

手続き開始から完了まで

任意整理の場合、委任契約を結んだ後は、あなたがやらなければならないことは費用の支払いのみで、あとは待っているだけで大丈夫です。

その間に、弁護士や司法書士が会社側に問い合わせて借金の情報を調べたり、借金額や利息の金額が正しいかチェックする「引き直し計算」をしたり、会社側と交渉して和解したりといった手続きをすべて行ってくれます。

返済開始

任意整理では、「利息・遅延損害金を0円とする」「借金の返済期間は60回払いとする」など、会社側と和解した内容で返済をしていくことになります。

すべての会社との和解が成立した翌月または翌々月から返済が始まることが多いので、それまでに返済の準備をしておきましょう。

 

admin

投稿者:admin